悪役を演じる違和感

  • 投稿日:
  • by

ここ数年、役所広司と言えば、大和ハウスのイメージしか無かった。でもちゃんと、映画に出てたんですな。と言っても2010年の映画だけど...。

「十三人の刺客」。これ面白かったわー。三池作品は、殺陣シーンがちょっと多すぎに思ったけど...。しかし、何よりキャストが超豪華。

伊原剛志、沢村一樹のオトナイケメン班。山田孝之、伊勢谷友介、窪田正孝は若手イケメン班、そして松方弘樹や市村正親は大御所班等、顔も演技も見所満載なのであります。

ただひとつだけ「ハテナ?」と思う配役がある。役所広司率いる刺客達が討ち取ろうとする相手、明石藩主を演じたSMAP稲垣吾郎。

暴虐・無法な振る舞いが目に余り、命を狙われる事になるのだが...。うーん、ちょっとイメージと合ってない感じ。ジャニーズがバリバリの悪役を演じるのは、珍しいね。