部屋探しの話は根気よく

  • 投稿日:
  • by

「この仕事は、全く初めてです。宜しくお願いします」ここは部屋探しする人と、貸したい人を結ぶ場所さ。

まずは、新築案件を勢力的にアピール。オーナーも入居者も,意気込み違う。築2年以降は、最寄り駅周辺の情報も、良く読んどいて。

これは営業の子達が、仕入時に記入するから。「へえ、おもしろい」建物の魅力が減る分、他の価値をどんどん提供。駅から徒歩5分ですよ、これで話を終らせない。

部屋探しする方も口コミとか見るから、生活が楽しくなる環境だ、そう思わせる。内見までこぎつけたら、事前に間取り、頭に入れてね。方角や日当たり良さや、借景なんかも。

「しゃっけい?」自分の庭じゃないけど、目に入る景色。隣家に咲く桜、窓から花見出来、得な気分。景色を借りる事さ。

「そんな言葉あったんだ」部屋探しで、ポイント高いよ。花火や夜景、富士山、桜並木...。「私も朝起きたら、一番に富士山とか見たいかも」

もしかして、部屋探しですか?良い物件、ありまっせ。一回ご覧になれば?